ブラック企業速報

ブラック企業に関する2chのまとめブログです。

    2013年08月

    掲示板タイトル : 若い人は介護に就かない方がいいんじゃないの?
     掲示板URL : http://anago.2ch.net/test/read.cgi/welfare/1345624635/1-100


    mig




    名無しさん@介護・福祉板[sage] 2012/08/22(水) 17:37:15.92 ID:NcFRbDwW
    ぶっちゃけ、生産性のない職だしさ、 
    若い時は他の仕事でもして 
    介護は中年の人がしたほうがいいんじゃないのかと思いました。 
    社会経験もそれなりにあって、若すぎない方が利用者にとっても、良いと思うんだけど。


    【若い人は介護に就かない方がいいんじゃないの?】の続きを読む

    就活生「俺も半沢直樹になるんだ!!」 メガバンク志望の学生が増加中
     掲示板URL : http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1377433450/201-300

     ダウンロード (12)


     ヒップアタック(WiMAX) 2013/08/25(日) 21:24:10.90 ID:wVGsCj8E0● BE:1796457773-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/ico/o_yaranaio.gif 
    半沢直樹に影響され「バンカーで倍返し」目指す就活生が増加 

    大人気ドラマ「半沢直樹」でメガバンクの就活が人気!? ドラマ、漫画が就活に与える影響を作家で人材コンサル 
    タントの常見陽平氏が考える。 

    今年はドラマの当たり年ですね。NHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』も大人気ですが、同様に人気を集めている 
    のがTBS系の日曜劇場『半沢直樹』です。池井戸潤氏の企業エンターテインメント小説『オレたちバブル入行組』 
    『オレたち花のバブル組』(ともに文藝春秋)が原作です。バブル末期に大手都市銀行(今で言うメガバンク)に 
    入行した主人公半沢直樹の企業社会での奮闘を描いたドラマです。 

    ビデオリサーチの調べによると、8月11日に放送された第5回は平均視聴率が29.0%、瞬間最高視聴率が31.9%で 
    した。名セリフ「やられたら倍返し!」は、『あまちゃん』の「じぇじぇじぇ」と並び、今年の『新語・流行語大賞』で大 
    バトルになりそうですね。 

    さて、最近、よく質問されるのが「『半沢直樹』ブームで、学生の就職希望先としてメガバンクの人気は上がるの 
    か?」という素朴な疑問です。結論から言うならば、影響はあるでしょう。ただ、そもそも2014年卒から2015年卒 
    にかけて、メガバンクをはじめとする金融機関の人気は間違いなく上がるので、『半沢直樹』がどこまで影響を 
    与えたかは、測定しにくいというのが率直のところです。つまり、『半沢直樹』が放送されていなくても、金融機関 
    の人気は上がっていたのではないか、ということです。 

    http://www.news-postseven.com/archives/20130825_206888.html 

    つづく
    【就活生「俺も半沢直樹になるんだ!!」 メガバンク志望の学生が増加中】の続きを読む

    掲示板タイトル : 銀行員「意識の高いがブラック企業で働きたくない学生こそ銀行で働いてみて欲しい」
     掲示板URL : http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1361691840/1-100

    DS016_L









     コーニッシュレック(WiMAX) 2013/02/24(日) 16:44:44.75 ID:fpknSPAl0 BE:3853656296-PLT(12021)
    本文略


    「世の中の仕組み」を知ることで「カネ」も動かせる 

     カネを動かせるようになるためには、世の中の仕組みを知ることが必要だ。彼らの夢の実現に必要なスキルを身につけるには、 彼らが毛嫌いする銀行で働くのが、実は近道だ。 
     
    東京三菱UFJ銀行で法人営業に携わる20代後半の男性行員は、銀行勤務のメリットを、まさに「世の中の仕組みをよく知ることができる」という 
    言葉で評価している。 
     「金にまつわる知識がつくのはもとより、社会経済のしくみを知る機会が多く、その情報源も社内に豊富にある。 
    また経営者の話はとても勉強になる。ネームバリューがあるからこそ、経営者と直接話ができるわけで、 
    この肩書がなかったら会えない人たちに容易に会うことができる」 

     「信頼」「人脈」「カネの動かし方」。社会の最前線で価値を産みだす社内外のパワフルな人材と知り合うことで、 
    世の中を動かすために何が必要なのか、学習することができるのだろう。 
     また、休みを十分取り、海外旅行をする余裕もあるという。同じく、三菱東京UFJ銀行で働く20代女性行員は、 
    「全体で休みを積極的に取得しようという運動」が行内であると言う。 

     「年間13日以上は必ず休みを取ろうとなっています。昨年度から、誕生日休暇というものが導入され、家族や自分の誕生日月に 
    休めるようになりました。また、残業に関して、上司が早く帰るので、全体として早く帰りやすい雰囲気ができている」 
     財務部門で働く40代の女性行員もこう言う。 
     「元々は5連休はなかったのですが、不正がないかの確認(職場調査)のため取らされます。有休と祝日、土日も利用して10連休で 
    ヨーロッパに旅行に行きました」 
     これは他の業種では考えられない手厚さだ。 

    つづきはwebで 
    http://careerconnection.jp/biz/studycom/content_760.html 



    【銀行員「意識の高いがブラック企業で働きたくない学生こそ銀行で働いてみて欲しい」】の続きを読む

    銀行の理不尽な実態 イジメ、人事部、クソ上司… (zakzak)[13/08/24]
     掲示板URL : http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1377486066/101-200


    image (12)


    やるっきゃ騎士φ ★[sage] 2013/08/26(月) 12:01:06.64 ID:???
    ソースは 
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130824/dms1308241448007-n1.htm 

    [1/2] 
    銀行を舞台にしたドラマ「半沢直樹」が絶好調だ。 
    決めゼリフ「倍返しだ!」のほか、社内外の権力に痛めつけられるサラリーマンの悲哀を 
    生々しく描いた点がウケているという。銀行とはドラマで描かれたほど理不尽な組織なのか。 
    内部を知る人物の証言から、実像に迫った。 

    本紙で「経済快説」(水曜掲載)を連載中の経済評論家、山崎元氏はかつて銀行に籍を 
    置いていた。「半沢直樹」が好評な理由を「サラリーマンのバカバカしさ、理不尽さが 
    銀行という舞台で際立っている」と解説する。 
    「敵(かたき)役と主人公との葛藤は、サラリーマンなら誰しも身に覚えがあること。 
    その様子が、銀行という組織でうまく表現されている。銀行は内部の締め付けが強く、 
    人事が何より大切な、世間と乖離した組織。人事部の権限が絶大で、実際の銀行員は 
    半沢直樹のように上司に逆らえないが」 

    現実の世界で半沢のように刃向かう態度は禁物のようだ。 
    ある大手銀行OBは「極めてリアルなドラマだと思う。半沢直樹のような人物は実在しない、 
    という1点を除いて」と感想を述べた。 
    その上で「やられたら倍返し、を地でいけば必ず干される。どんな理不尽な場面でも“韓信の 
    股くぐり”でやり過ごすのが行内で勝ち残る唯一の道」と明かす。 

    原作小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」(いずれも文春文庫)など、 
    作家・池井戸潤氏の作品では再三、「銀行は晴れの日に傘を差し出し、雨の日に傘を 
    取り上げるもの」と強調されている。実際のところ、どうなのか。 
    現役のメガバンク行員が「似たような経験はある」と語った。 
    「2005年前後、中小企業の経営者を中心に為替デリバティブ商品をかなり売った。 
    1ドル=120円の時代に同100円程度でドルが調達できるので、経営者側にうま味も 
    あった。ところがリーマン・ショック後に円高で80円台に高騰しても、100円前後の 
    固定した相場でドルを買い続けなければならない。泣きつかれても契約は契約。 
    これが足かせとなって倒産した中小企業をいくつも見た。気の毒だが、実績を上げるには 
    冷徹になるしかない」 

    -続きます-
    やるっきゃ騎士φ ★[sage] 2013/08/26(月) 12:01:23.39 ID:???
    -続きです- 
    [2/2] 
    ドラマの中では「手柄は上司のもの、責任は部下が負う」とも描かれた。 
    元都銀の行員が明かす。 
    「だから銀行という組織では出世しなければ面白くも何ともない。 
    出世には実績が必要だ。少々強引にでも融資し、危なくなったら厳しく回収すればよい。 
    有望な事業に融資してともに成長するなんて、そんな志を持ったバンカーもバブル期以前には 
    いたのだろうが…」 

    この元都銀の行員は、十数年前に押し寄せた大型合併の波にも翻弄された。 
    「旧銀行の優劣によって“優”が“劣”を徹底的にいじめ抜く。私自身、上司から失敗を 
    なじられた揚げ句、出身銀行の名を出されて『だからお前はダメなんだ』とさんざん 
    いわれた。心を病んで辞めていった同じ境遇の同僚を何人もみた」 

    理不尽極まりない実態について、メガバンクOBは「日銀の責任を忘れてはならない」と 
    訴えた。 
    「過剰な融資をさんざん強要した後、資金供給をストップしてバブルを崩壊させたのは 
    日銀だ。顧客無視の状況を作り出し、貸し手と借り手の信頼関係を引き裂いた責任は 
    日銀にある。国益を無視した日銀の体質がそのままなら、銀行の体質、銀行員の性格も 
    変化しない」 

    金庫のように閉ざされた異空間の銀行。世間とのギャップを縮め、バンカーの志が 
    取り戻される日は訪れるのか。 
    【「半沢直樹」より酷い!銀行の理不尽な実態 イジメ、人事部、クソ上司…】の続きを読む

    【労働環境】ブラック企業大賞で露呈、恐ろしい過労死の実態~ワタミ、東北大学、東急ハンズ、人気アパレル… [13/08/12]

    5370473007_2303ef8d3e_o


    依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2013/08/17(土) 22:03:47.94 ID:???
     労働問題に取り組む弁護士や大学教授、労働組合(労組)関係者らが主催し、日本に 
    おけるブラック企業の“頂点”を決める「ブラック企業大賞 2013」。昨年に続いて第2回の 
    開催となった同賞の授賞式が8月11日に開催され、ワタミフードサービスが大賞と一般投票賞 
    を受賞した。 
     主催者発表によれば、投票総数はウェブ投票と会場投票を会わせて3万501票。ワタミフード 
    サービスがこのうちの72%を占める2万1921票を獲得した。同社代表者は授賞式に姿を見せず 
    、賞状とトロフィー、副賞の労働六法は、主催者の一人が“代理”で受け取った。 

    <受賞結果> 
    大賞:ワタミフードサービス 
    特別賞:東北大学 
    業界賞:クロスカンパニー(アパレル) 
    教育的指導賞:ベネッセコーポレーション 
    一般投票賞:ワタミフードサービス 


     今回ノミネートされた国立大学法人・東北大学を含む8社では、計7人が主に長時間の 
    過重労働によって死亡している。主催者の配布資料やこれまでの報道によれば、それぞれ 
    以下のような状況だった。 

     大賞を受賞したワタミフードサービスでは2008年6月、入社2カ月の女性社員(当時26歳) 
    が精神疾患を発症し過労自殺した。手帳には「どうか助けてください。誰か助けてください 
    」などと書かれていた。 

     特別賞の東北大学では2人が死亡。ノミネート理由になった1人目の死者は薬学部の助手 
    (当時24歳)で、07年12月に「新しい駒を探してください」との遺書を残して自殺した。 

     同大学の2人目の死者は工学部の准教授(当時48歳)で、東日本大震災で研究室が全壊、 
    再開を目指して奔走したが、大学から2年以内の閉鎖を告げられて半月後に自殺。 

    ソース 
    http://news.livedoor.com/article/detail/7947188/ 
    http://image.news.livedoor.com/newsimage/0/d/0dd90_1292_39838ba1_3d6b59d1.jpg 

    (つづく)

    【ブラック企業大賞で露呈、恐ろしい過労死の実態~ワタミ、東北大学、東急ハンズ、人気アパレル…】の続きを読む

    このページのトップヘ